555日間世界一周
2009年7月21日から2011年2月5日までの旅
カテゴリ



最新記事



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



月別アーカイブ



プロフィール

Lasa

Author:Lasa
今のところ、こんな予定です。
2009/07下旬~2009/09下旬
 欧州
2009/09下旬~2009/11下旬
 北アフリカ・中東
2009/11下旬~2009/12中旬
 欧州
2009/12中旬~2010/05上旬
 南米
2010/05上旬~2010/07上旬
 北中米
2010/07上旬~2010/08初旬
 東南アジア
2010/08初旬~2010/09上旬
 シルクロード
2010/09上旬~2010/11下旬
 南アジア
2010/11下旬~2011/02上旬
 オセアニア



カウンター



リンク

このブログをリンクに追加



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レイク・ルイーズ(Lake Louise/Canada)
メキシコシティからはバンクーバーに飛び、そこからバスでレイク・ルイーズへ。

まだ本格的なシーズンに入る前だったので、開いていないルートもあったのが少し残念でしたが
それでも十分にトレッキングを満喫してきました。
遺跡巡りや町歩きも良いですが、やはり自分には自然の中を歩くのが一番だと改めて実感。


まずは町の名前にもなっているルイーズ湖。

01IMG_0981.jpg

04IMG_0982.jpg

日中の、日の光に照らされた湖も綺麗でしたが
早朝のシンとした空気の中で見る湖もまた素敵でした。

06IMG_0448.jpg

天気にも恵まれ、湖の周囲を歩くのも気持ち良いです。

07IMG_0677.jpg

08IMG_0675.jpg

が、それ以上に上から見た時の湖の青さには、声をあげてしまうほどのインパクトがありました。

10IMG_0417.jpg

12IMG_0536.jpg

15IMG_0534.jpg

18IMG_0647.jpg


お次はペイトー湖。
こちらは湖畔に降りることは出来ないのですが、
早朝に展望台から見たのは、今までに見たことのないものすごい青色。
鮮やかな青とも、深みのある青とも違うのですが、とても澄んでいて印象的な青でした。

31IMG_0708.jpg

32IMG_0709.jpg

朝日があたった時間帯にも見ましたが、印象的な青色が日の光りによって消されてしまったため
日があたる前の方が断然素晴らしかったです。
(写真を見るだけでは、そうは見えないかもしれませんが)
朝日があたった方がもっと良いのかと思っていただけに、ちょっと意外な発見。

33IMG_0755.jpg


続いてエメラルド湖。

41IMG_1001.jpg

こちらは逆に、間近で見降ろす場所がなかったのですが、
見事なまでに空の青さを映していました。

45IMG_1033.jpg

47IMG_1042.jpg

48IMG_1096.jpg


そしてモレイン湖。
これは何も言う必要がないでしょう。まさに絵に描いたような風景。

50IMG_0789.jpg

53IMG_0803.jpg


そしてモレイン湖からはValley of the Ten Peaksに向かうトレイルに。
眼前に10の頂きが広がる景色は、何とも壮観でした。

58IMG_0914.jpg

61IMG_0864.jpg

62IMG_0850.jpg


最後におまけ。

90IMG_0306.jpg

91IMG_0507.jpg

93IMG_1047.jpg



カナダではレイク・ルイーズに滞在しただけで、南北アメリカ大陸での旅もこれで終わり。
この後は、いよいよアジアに戻ります。




スポンサーサイト
タスコ(Taxco/Mexico)
中米で最後に訪れた町はタスコ。
ここもコロニアル都市として有名な町の1つですが、
グアナファトやサン・ミゲルとも違い、白い町並みが続きます。

他の町もそうでしたが、自然な町並みで観光地用に作られ過ぎていないのが良いですね。

IMG_0018.jpg

IMG_0021.jpg

IMG_0073.jpg

IMG_0074.jpg

IMG_0022.jpg

IMG_0023.jpg


タクシーが白で統一されているのも、また良です。

IMG_0010.jpg

IMG_0012.jpg

IMG_0013.jpg

IMG_0064.jpg


町中から丘の上のキリスト像が見えたので、そこまで上ってみました。
やっぱり高いところが好きなので(笑)
さすがにグアナファトには負けてしまいますが
それでもこういった景色を見るのは、気持ちの良いものです。

IMG_0036.jpg

IMG_0038.jpg

IMG_0050.jpg


タスコへはメキシコシティからの日帰りだったのですが、夕焼けも少し見れました。

IMG_0096.jpg



これで半年にも及んだスペイン語圏ともお別れ。
メキシコシティからはカナダのバンクーバーへ飛びます。





サン・ミゲル・デ・アジェンデ(San Miguel de Allende/Mexico)
サン・ミゲル・デ・アジェンデも、グアナファトと同じくコロニアル都市として有名な町。
グアナファトはカラフルな町並みでしたが、それと比べるとこちらは落ち着いた町並みです。

IMG_9900.jpg

IMG_9901.jpg

IMG_9916.jpg

IMG_9923.jpg

IMG_9934.jpg

IMG_9936.jpg

IMG_9946.jpg


サン・ミゲルにも1日しかいなかったので日中町歩きをしましたが、
いかんせん日差しが強かったのですね…。
町並みを楽しむことは出来たものの、なかなかのんびりと町歩きというわけにはいきませんでした^^;
ご覧の通り、町中を歩く人の姿もまばら。

IMG_9949.jpg

IMG_9953.jpg

IMG_9967.jpg


町並みの写真を撮る時は、車が極力写らないよういつも意識してしまいますが
逆に、これだと絵になると思えるので不思議なもんです。

IMG_9966.jpg

IMG_9968.jpg

町の中心にあるラ・バロキア教会も、印象的なフォルムで素敵でした。

IMG_9930_20100825193757.jpg

IMG_9959.jpg

IMG_9972.jpg




グアナファト(Guanajuato/Mexico)
メリダを経由してメキシコ・シティに戻った後は、近郊のコロニアル都市をいくつか回りました。

グアナファトは、コロニアル都市の中でも最も人気のある都市の1つですが
カラフルな町並みは確かに素敵でした。
(後はいつもの通り、ただ写真を貼り付けるだけになってしまいますが…^^;)

02IMG_9723.jpg

03IMG_9744.jpg

05IMG_9887.jpg

10IMG_9739.jpg

11IMG_9761.jpg

14IMG_9863.jpg

16IMG_9867.jpg

12IMG_9853.jpg

17IMG_9874.jpg


そしてグアナファトでは、何と言ってもピピラの丘からの眺めが素晴らしかった!
前回書いたばかりですが、やはり高いところが好きなので(笑)

また、どの時間帯も素敵でした。

日中も。

IMG_9695.jpg

IMG_9709.jpg

IMG_9718.jpg

夕方も。

IMG_9768.jpg

IMG_9775.jpg

夜も。

IMG_9820.jpg

IMG_9830.jpg

IMG_9812.jpg

夜の町並みを見ている時には、ふとプラハでの夜景を思い出しました。
さすがに夜景ではプラハにはかないませんが、夕焼けではグアナファトも負けてないと思います。

それと町並みを上から見る場合、町の外側の景観がいまいちのことが多いですが
グアナファトの町は山々に囲まれていて、それもまた良かったです。


グアナファトには1泊しか出来なかったので、駆け足での観光になってしまったけれど
何泊かして、のんびりと町歩きしても良かったですね。



チチェン・イツァー(Chichen Itza/Mexico)

コスメルをあとにしてからは、定番のカンクンを素通りしてチチェン・イツァーへ。

チチェン・イツァーに入るとすぐに、メインのエル・カスティージョがお目見えです。

01IMG_9511.jpg

04IMG_9538.jpg

07IMG_9550.jpg

なかなか格好良かったですが、ちょっとまとまり過ぎている印象。
個人的には、もう少し不格好な方が好きかもしれません。


こちらは天文台。現代の天文台と同じような形なのは興味深いです。

31IMG_9603.jpg


また他にもいくつか見所はあったのですが、今回の遺跡観光では不完全燃焼感が、、、

10IMG_9617.jpg

11IMG_9555.jpg

12IMG_9565.jpg

14IMG_9577.jpg

20IMG_9589.jpg

21IMG_9592.jpg

というのも、チチェン・イツァーでは上ることの出来る遺跡や展望台などが1つもなかったから。
エル・カスティージョに上れないことは知っていましたが、何1つ上れないとは思いませんでした。

「馬鹿とサルは高いところが好き」なんて言いますが、まさにそれ(笑)
やはり私としては、俯瞰してみることの出来る景色が好きなんですよねぇ。
…ということを改めて実感させてくれたチチェン・イツァーでした。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。