555日間世界一周
2009年7月21日から2011年2月5日までの旅
カテゴリ



最新記事



カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



月別アーカイブ



プロフィール

Author:Lasa
今のところ、こんな予定です。
2009/07下旬~2009/09下旬
 欧州
2009/09下旬~2009/11下旬
 北アフリカ・中東
2009/11下旬~2009/12中旬
 欧州
2009/12中旬~2010/05上旬
 南米
2010/05上旬~2010/07上旬
 北中米
2010/07上旬~2010/08初旬
 東南アジア
2010/08初旬~2010/09上旬
 シルクロード
2010/09上旬~2010/11下旬
 南アジア
2010/11下旬~2011/02上旬
 オセアニア



カウンター



リンク

このブログをリンクに追加



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パルミラ(Palmyra/Syria)

飛行機でアンマンに到着した後は、ダマスカスと経由してパルミラへ。

IMG_7360.jpg


保存状態の良い遺跡とは言えませんが、これだけ大規模に残っていると、さすがに見応えがあります。
朝・昼・夕とそれぞれ違った顔が見られて、まだまだ暑い時期でしたが、一日楽しめました。
(同じような写真が多くなってしまったが、ご了承ください^^;)

IMG_7433.jpg

IMG_7447.jpg

IMG_7453.jpg

IMG_7458.jpg

IMG_7463.jpg

IMG_7468.jpg

中東の空は、どこかくすんだような青空でしたが、それはそれでまた味があります。

IMG_7532.jpg

IMG_7537.jpg

IMG_7565.jpg

IMG_7572.jpg

IMG_7576.jpg

夕方には、夕陽が山に隠れて、山が光っているような面白い夕焼けが見れました。

IMG_7672.jpg

IMG_7678.jpg

IMG_7694.jpg

IMG_7704.jpg


近くから見る遺跡ももちろん良かったですが、
遺跡全体を俯瞰して見て、当時を想像してボーっとするのも、また有意義な時間でした。

IMG_7599.jpg



スポンサーサイト
マラケシュ(Marrakech/Morocco)

モロッコ最後の目的地マラケシュ。
メルズーガからは、リッサニ、エルラシディア、ワルザザートと乗り継いできました。

00IMG_7073.jpg


ここマラケシュの見どころは、何と言ってもジャマ・エル・フナ広場。
日中は比較的静かな広場ですが、夜になると屋台が大量に出て、凄い熱気です!

01IMG_7129.jpg

02IMG_7064.jpg

こんなお祭りのような雰囲気が深夜まで続いて、
しかもそれが毎日続いているのだから驚きです。

そしてこちらは早朝のフナ広場。
毎日ちゃんと屋台を片付けて、きれいにしていることにも、妙に感心してしまいました。

03IMG_7111.jpg

夜の賑わいが始まる前の、この夕焼けもきれいでした。

04IMG_7181.jpg


マラケシュにも大きなスークがあり、見て回るのは面白かったですが、
ごちゃごちゃしたメディナの中を歩く面白さという点では、フェズの方が上でしたかね。

05IMG_7161.jpg


それでも、このフナ広場を見るだけで、十分、マラケシュに来た価値はあったと思います。

06IMG_7149.jpg


この後は、パリを経由して、中東に向かいます。



メルズーガ(Merzouga/Morocco)

フェズからは夜行バスで砂漠の町、メルズーガへ。

メルズーガの宿の2階からは、ご覧のように目の前にサハラ砂漠が!!
これだけでも十分贅沢な景色です。

01IMG_6938.jpg

02IMG_6237.jpg


メルズーガから、サハラ砂漠ツアーに参加です。
ツアーと言っても私のほかは、ラクダとラクダを引くガイドさんだけですが。

03IMG_6372.jpg

04IMG_6888.jpg

サハラ砂漠は、別世界という言葉がピッタリの場所でした。
2か月以上ずっと旅行を続けていて、砂漠ツアーも旅行の一環なのですが、
この時だけは、旅行とはまた別のことをしている感覚になりました。

05IMG_6601.jpg

05IMG_6653.jpg

05IMG_6889.jpg

05IMG_6919.jpg

また、この時の空は、写真に写っている色が大げさでないくらい鮮やかな青!

07IMG_6645.jpg


こちらは泊まったキャンプ。と言っても寝たのは砂漠の上です。
写真でお見せできないのが残念ですが、砂漠の上に寝て、満天の星空を見たことは
何物にも代え難い素晴らしい経験になりました。

08IMG_6642.jpg


また、朝早く起きて、必死になって砂丘を登って見た景色も実に素晴らしかった。
朝日に照らされた砂漠は、本当に輝いて見えました!

09IMG_6521.jpg

09IMG_6567.jpg

09IMG_6569.jpg

09IMG_6587.jpg

なんだか写真を見ると、絵のようにしか見えないので、一応証拠写真です(笑)

IMG_6583.jpg

ついでに、たまには自分が写っている写真を載せてみます。

IMG_6680.jpg

サハラ砂漠では、本当に今までにない経験をすることが出来ました^^




フェズ(Fez/Morocco)
フェズのメディナは、世界一の迷路の町(by地球の歩き方)。

IMG_6176.jpg

道が入り組んでいる以上に、道の狭さが迷路としての性格を強くしているように思います。
広いところでもせいぜい4~5m、狭いところだと人がやっとすれ違うことが出来るくらい。
そんな狭い路地を、大きな荷物を背負ったロバが通るわけです。

IMG_6134.jpg

IMG_6118.jpg

IMG_6131.jpg

IMG_6077.jpg

IMG_6125.jpg


夜のブー・ジュルード門。

IMG_6065.jpg

マドラサと呼ばれる神学校。
メディナの中にあるのですが、メディナの喧騒とは隔絶されていて、不思議な空間でした。

IMG_6100.jpg

レストランのテラスから見た夜景。

IMG_6069.jpg

スークの活気もさることながら、狭い路地に象徴される、
少し怪しげで、混沌とした雰囲気が印象的なメディナでした。




シャウエン(Chef Chaouen/Morocco)
グラナダからは、鉄道でアルヘシラス、フェリーでモロッコのタンジェ、
と経由してシャウエンへ。

IMG_5800.jpg


一般的にメディナというと、茶色のイメージが強いですが、ここは青です。
色合いの適当なバラつき感がまたよかったりします。

IMG_5776.jpg

IMG_5793.jpg

IMG_5850.jpg

IMG_5847.jpg

IMG_6016.jpg

IMG_5849.jpg

IMG_5861.jpg

IMG_5865.jpg

IMG_5871.jpg

IMG_5787.jpg

IMG_5777.jpg


写真だけだと、メディナに全然人がいないように思われるかもしれませんが、
もちろん、お店もたくさん並んでいましたし、多くの子供たちが路地で遊んでいました。

ただ、モロッコは敬虔なムスリムの国というイメージを持っていた私は、
入国直後ということもあり、どこまで写真を撮っても大丈夫かの判断がつかず、
また、ここシャウエンには観光客がほとんどいなくて、
当然、写真を撮っている人も皆無だったので、意識的に人が写る写真を控えました。

この後に行くフェズと比べると、メディナ内はのんびりした雰囲気で良かっただけに、
そういった雰囲気を伝えられる写真がなかったのは、ちょっと残念でしたねぇ。


そしてシャウエンは山の中腹にあり、普段見る朝焼けや夕焼けと違い、見ていて面白かったです。

IMG_5907.jpg

IMG_5949.jpg

IMG_5998.jpg


のんびりした雰囲気と青い町並みがマッチした、素敵な街でした。




グラナダ(Granada/Spain)
※今、モロッコのメルズーガから更新しているのですが、なぜか写真のアップロードだけできません。
  風景を想像してお楽しみください^^
  次回更新時に、あわせてグラナダの写真も更新します。



マドリッドはほとんど素通りしてしまったので、
グラナダは本当に久しぶりに見る欧州の都市の町並みです。

IMG_5347.jpg

久しぶりと言っても、つい1・2か月前には、こういった町を多く歩いていたんですけどね。
それなのに、少し場違いな印象さえ受けてしまうのは、何とも不思議な感じです。


グラナダに来た目的は、なんといってもアルハンブラ宮殿。

IMG_5424.jpg

宮殿の離れには大きな庭園があり、癒されます。

IMG_5464.jpg
IMG_5483.jpg

アルハンブラ宮殿から見るアルバイシンの町並みも、なかなかでした。

IMG_5597.jpg


そしてアルハンブラ宮殿の中でもメインの、ナスル朝宮殿へ…というところで大雨が。
しかも、こういう時に限って傘を宿に置いてきてしまい…。

IMG_5613.jpg

アルバイシンの街並みに目をやっても、ご覧のとおり。

IMG_5695.jpg

やはり、この景色は晴れの時に見たかった。

IMG_5646.jpg


それでも宮殿の内部に目をやると、
これでもかというぐらいの彫刻が施された壁面が広がっており、圧倒されます。

IMG_5625.jpg

IMG_5649.jpg

遠目からだけでなく、近くからも写真を撮ったのですが、
これだと大きさが良くわからないと思い、自分の手も撮ってみます。

IMG_5685.jpg

IMG_5686.jpg

天井までの写真を縦につなげてみましたが、もう何がなんだかよくわかりません(笑)

IMG_5662.jpg


この後も引き続き雨が降っていて、いつ止むかもわからないので
帰りは大雨の中、アルハンブラ宮殿の中を走りました。

また夕方には、アルハンブラ宮殿の夕暮れを見に、
アルバイシンまで行く予定でしたが、もちろんそんな状況ではなく。

好天でのナスル朝宮殿や夕暮れのアルハンブラ宮殿を見られなかったのは残念ですが、
これまでは本当に天気に恵まれてきましたからね。贅沢は言えないです。


と、ここでひとまず欧州編は終わり(11月下旬に再びスペインに戻ってくる予定です)。

次回からは、アフリカ・中東編。まずはジブラルタル海峡を渡って、モロッコです!




フリヒリアナ、ネルハ(Frigiliana,Nerja/Spain)

サントリーニに続く白い町、フリヒリアナ。

00IMG_5233.jpg

初日はあまり天気が良くなく、町歩きにもなかなかモチベーションが上がらなかったのですが、
2日目は晴れ間も出て、気持ち良く町歩き出来ました。
でも写真で見ると、曇り空の景色もこれはこれで良いですね。

IMG_5036.jpg

IMG_5042.jpg

IMG_5045.jpg

IMG_5066.jpg

IMG_5183.jpg

IMG_5187.jpg

IMG_5190.jpg

IMG_5212.jpg

IMG_5249.jpg

IMG_5257.jpg

IMG_5265.jpg

町自体は非常に小さいのですが、サントリーニ同様、どこをとっても絵になる景色でした。
単純にインパクトという点ではサントリーニの方が上でしたが、
サントリーニはホテルやレストランが多く、造られた景色という印象が強かったので、
ほとんどが普通の民家で構成されていたフリヒリアナは、自然な町並みという点での良さがありましたね。


また、この間の宿泊はバスで10分ちょっと離れたネルハという町に泊まりました。
ここには「ヨーロッパのバルコニー」という、これまた凄いネーミングの場所があります。

90IMG_5306.jpg

いわゆる展望台のような場所で、両サイドにはご覧のようなビーチが広がります。
ハイシーズンは、きっと凄い人だかりなんでしょうねぇ。

92IMG_5312.jpg

91IMG_5319.jpg

夜は、ちょうど正面におぼろ月が見えて、とても素敵でした。

99IMG_5123.jpg




コンスエグラ(Consuegra/Spain)
イスタンブールからは、飛行機でスペインのマドリッドまで西に戻り、そこから南に下ってモロッコを目指します。

スペインで最初に訪れたのは、風車のある町コンスエグラ。
マドリッドを出発して1時間もすると、ご覧のような平原が広がります。

00IMG_4630.jpg

風車が一列に並ぶ姿は、何とも壮観です。

00IMG_4958.jpg

00IMG_4990.jpg


訪れたのが土・日ということもあってか、町中を出歩いている人はほとんどいませんでした。

01IMG_4717.jpg

03IMG_4964.jpg


見所と言っても風車ぐらいしかないため、ほとんどの人は日帰りだったようですが、
いろいろな時間帯の景色を見たいと思い、1泊することに。

サントリーニでは海沿いの風車を見ることが出来ましたが、
風車と、その下に広がる赤土の平原の組み合わせも良いものです。

04IMG_4914.jpg

初日の日中は天候も良く、心地よい風の中での観光は気持ち良かったです。
それと物凄い数の飛行機雲(だと思うのですが…)も目を引きました。

IMG_4657.jpg

IMG_4670.jpg

IMG_4696.jpg

IMG_4698.jpg


ただ残念ながら、それ以降はあまり天候が良くなく、夕日や朝日もこの程度しか見ることが出来ず…。

IMG_4835.jpg

IMG_4818.jpg

その代り、朝もやの中の風車を見ることが出来、幻想的な風景を楽しめました。

IMG_4835.jpg

IMG_4849.jpg


イスタンブール(Istanbul/Turkey)
パリから陸路・海路で移動してきて2か月。
ようやく一つの節目であるイスタンブールにやってきました。

過ぎてみれば早いとよく言いますが、
毎日が充実していて、私としてはまだ2カ月しか経っていないのかというのが実感です。
アルプスの山々に圧倒されたのが、遥か昔のように思われます…。


イスタンブールは今まで行った欧州の大都市とは違い、
良い意味で洗練されてなく雑然とした雰囲気があり、気さくな人(というか話しかけてくる人)が多く、
いろんな意味で、楽しむことが出来ました。

特にバザールでは、それを実感。
もっとも、荷物をあまり増やしたくないので、自分の買物はほとんどしていませんが…^^;

00IMG_4581.jpg

00IMG_4590.jpg


続いてはブルーモスクとアヤソフィア。
今まではずっと教会を見てきたので、より文化を違いを感じることが出来ます。どの時間帯も素敵です。

01IMG_4324.jpg

02IMG_4041.jpg

03IMG_4234.jpg

04IMG_4046.jpg

05IMG_4231.jpg


ガラタ塔からは、あまりに素晴らしい夕焼けを見ることが出来、しばし見とれてしまいました。

08IMG_4476.jpg

09IMG_4489.jpg

10IMG_4498.jpg

11IMG_4512.jpg


また、イスタンブールからフェリーで1時間半ほどかけてビュイック島へショートトリップ。

12IMG_4341.jpg

ここでは車が乗り入れておらず、馬車が観光客の移動手段として活躍しています。

13IMG_4399.jpg

イスタンブールの喧騒から離れて、ちょこっとリゾート気分を味わうことが出来ました。

14IMG_4401.jpg

15IMG_4403.jpg


当初の予定から、滞在日数を増やして正解でした^^







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。