555日間世界一周
2009年7月21日から2011年2月5日までの旅
カテゴリ



最新記事



カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



月別アーカイブ



プロフィール

Author:Lasa
今のところ、こんな予定です。
2009/07下旬~2009/09下旬
 欧州
2009/09下旬~2009/11下旬
 北アフリカ・中東
2009/11下旬~2009/12中旬
 欧州
2009/12中旬~2010/05上旬
 南米
2010/05上旬~2010/07上旬
 北中米
2010/07上旬~2010/08初旬
 東南アジア
2010/08初旬~2010/09上旬
 シルクロード
2010/09上旬~2010/11下旬
 南アジア
2010/11下旬~2011/02上旬
 オセアニア



カウンター



リンク

このブログをリンクに追加



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イースター島(Isla de Pascua/Chile)
南米の最後を飾るのはイースター島。
シウダー・ボリーバルからはカラカス、サンチアゴと乗り継いでやって来ました。

まず初めに見たモアイは、アフ・バイウリ、アフ・タハイ、アフ・コテリク。
宿からすぐ近くにあるので、ここには何度も足を運びました。

03IMG_6564.jpg

07IMG_6562.jpg

09IMG_6559.jpg

島内は歩いて回ることが多かったのですが、
自分のペースで自然の中を歩くのは久しぶりだったのでとても気持ち良かったです。

14IMG_6846.jpg

15IMG_6857.jpg

島は南海の孤島にあるので、当然のことながら海もとても綺麗でした。

22IMG_6753.jpg

24IMG_7487.jpg


こちらは唯一、海に向かって立っているアフ・アキビ。

31IMG_6835.jpg

37IMG_6818.jpg

アフ・ナウナウはビーチのそばに立っていて、不思議な組み合わせでした。

40IMG_7153.jpg

43IMG_7161.jpg

15体も並んで立っているアフ・トンガリキは何とも壮観。

51IMG_7323.jpg

53IMG_7342.jpg

ラノ・ララクは切り出し途中のモアイや発掘途中のモアイがあり、
並んで立っているモアイとは、また違った面白さがありました。

62IMG_7307.jpg

63IMG_7302.jpg

64IMG_7235.jpg

65IMG_7266.jpg

66IMG_7264.jpg


もちろん日中に見るモアイも良かったのですが、
朝日や夕日に照らされて、シルエットだけが見えるモアイの姿はとても素敵でした。
ガイドブックなどには、やたらと朝日や夕日を見るスポットが書いてありますが、
実際に見てみて、それが良くわかりました。

こちらはアフ・トンガリキでの夜明け。
残念ながらこの時期はモアイの後ろからの日の出ではありませんでしたが、
それでも素晴らしかったです。

70IMG_7043.jpg

72IMG_7092.jpg

アフ・バイウリ、アフ・タハイ、アフ・コテリクでの夕日も本当に素晴らしかった。
モアイの後ろの夕日が沈んでいくのを、ただボーっと見ているのは、とても贅沢な時間でした。

82IMG_7539.jpg

84IMG_6906.jpg

85IMG_6909.jpg

89IMG_6935.jpg


長かった南米の旅にも別れを告げ、次回からは北中米編。まずはメキシコです。


そして、ちょうど区切りが良いこともあるので旅の目次を作ってみました。
「カテゴリ」の「旅の目次(Contents)」を選択してもらうと、
欧州編、北アフリカ・中東編、南米編の記事一覧を見ることが出来、
それぞれの記事に飛ぶことも可能です。

ただ記事を並べただけですが、この手のことに不慣れな自分としては十分頑張りました(笑)
並べてみると、改めて多くの場所を訪れたことを実感します。




スポンサーサイト
南米編(South America)
 ペルー(Peru) 
  ◆クスコ(Cuzco) ◆マチュピチュ(Machu Picchu) ◆プーノ(Puno)
 ボリビア(Bolivia)
  ◆太陽の島(Isla del sol) ◆ラ・パス(La Paz) ◆ウユニ塩湖(Salar de Uyuni) 
  ◆ウユニ塩湖~チリ国境(Salar de Uyuni ~ Frontera de Chile)
 チリ(Chile)
  ◆サン・ペドロ・デ・アタカマ(San Pedro de Atacama) ◆プエルト・モン(Puerto Montt)
  ◆パイネ国立公園(Parque Nacional Torres del Paine) ◆プエルト・オクタイ(Puerto Octay)
  ◆イースター島(Isla de Pascua)
 アルゼンチン(Argentina)
  ◆サルタ(Salta) ◆バリローチェ(Bariloche) ◆エル・チャルテン(El Chalten)
  ◆エル・カラファテ(El Calafate) ◆ウシュアイア(Ushuaia) 
  ◆タランパージャ国立公園(Parque Nacional Talampaya) ◆ブエノス・アイレス(Buenos Aires) 
  ◆イグアスの滝(Cataratas Iguazu)
 南極(Antarctica)
  ◆南極(Antarctica)
 ブラジル(Brasil)
  ◆ボニート(Bonito) ◆バヘリーニャス(Barreirinhas) ◆ベレン~マナウス(Belem~Manaus) 
  ◆マナウス(Manaus)
 ベネズエラ(Venezuela)
  ◆サンタ・エレナ・デ・ウアイレン(Santa Elena de Uairen)
  ◆シウダー・ボリーバル(Ciudad Bolivar)



北アフリカ・中東編(North Africa,Middle East)
 モロッコ(Morocco)
  ◆シャウエン(Chef Chaouen) ◆フェズ(Fez) ◆メルズーガ(Merzouga) 
  ◆マラケシュ(Marrakech) 
 シリア(Syria)
  ◆パルミラ(Palmyra) 
 ヨルダン(Jordan) 
  ◆ペトラ(Petra)
 エジプト(Egypt) 
  ◆カイロ(Cairo) ◆ギザ(Giza) ◆アブシンベル(Abu Simbel) ◆アスワン(Aswan)
  ◆ルクソール(Luxor) ◆ハルガダ(Hurghada)
 イエメン(Yemen) 
  ◆サナア(Sana’a)


欧州編(Europe)
 フランス(France) 
  ◆パリ(Paris) ◆モンサンミッシェル、パリ(Mont St-Michel,Paris) 
 スイス(Switzerland) 
  ◆グリンデルヴァルト(Grindelwald) ◆ミューレン(Muerren) ◆ツェルマット(Zermatt) 
  ◆エヴォレーヌ(Evolene) ◆ヴェルザスカの谷(Valle Verzasca) ◆ロカルノ(Locarno) 
 オーストリア(Austria) 
  ◆ハイリゲンブルート(Heiligenblut) ◆フランツ・ヨーゼフス・ヘーエ(Franz-Josefs-Hoehe) 
  ◆ハルシュタット(Hallstatt) 
 チェコ(Czech) 
  ◆チェスキークルムロフ(Cesky Krumlov) ◆プラハ(Prague)
 ハンガリー(Hungary)  
  ◆ブダペスト(Budapest)
 スロベニア(Slovenia)
  ◆ブレッド(Bled) 
 クロアチア(Croatia)
  ◆プリトヴィッツェ(Plitvice) ◆フヴァル(Hvar) ◆ドブロヴニク(Dubrovnik)
 ギリシャ(Greece) 
  ◆メテオラ(Meteora) ◆アテネ(Athens) ◆サントリーニ(Santorini) 
 トルコ(Turkey)  
  ◆パムッカレ(Pamukkale) ◆イスタンブール(Istanbul)
 スペイン(Spain) 
  ◆コンスエグラ(Consuegra) ◆フリヒリアナ、ネルハ(Frigiliana,Nerja) ◆グラナダ(Granada)
  ◆バルセロナ(Barcelona) ◆サッカー観戦(Watching football/Spain)
 


シウダー・ボリーバル(Ciudad Bolivar/Venezuela)

ギアナ高地でのもう1つの目的は、エンジェルフォール。
シウダー・ボリーバルからのツアーに参加しました。

まずはセスナでカナイマまで移動。
カナイマ湖もなかなか素敵でした。

01IMG_6072.jpg


02IMG_6471.jpg

03IMG_6429.jpg

エンジェルフォールへは、カナイマからボートで3時間。
川を上る途中でいくつもテーブルマウンテンを見ることが出来たので
楽しめはしましたが、このボートで3時間はなかなか辛かったですね…。

10IMG_6111.jpg

12IMG_6139.jpg

13IMG_6146.jpg

15IMG_6163.jpg

19IMG_6189.jpg

ボートからもこのように滝を見ることが出来、ロライマ山トレッキングでも滝を見ていたので、
エンジェルフォールもこんな感じかと思っていたら、全く違いました。

20IMG_6167.jpg

ラトン島から見たエンジェルフォール。翌日、朝一番で展望台に向かいます。

21IMG_6222.jpg

森の中を1時間以上歩いて、ようやく展望台に到着。

22IMG_6239.jpg


間近で見たわけでもないですし、イグアスの滝のような圧倒的な迫力があった訳ではありませんが
ただただ素晴らしかったです。ギアナ高地にある他の滝とは、全く別物でした。

IMG_6248.jpg

IMG_6259.jpg

IMG_6264.jpg

展望台には1時間ほどしかいることが出来なかったにもかかわらず、
はじめ雲に覆われていたのが、やがて青空が見えてきて、虹も見ることが出来ました。

IMG_6278.jpg

IMG_6295.jpg

IMG_6297.jpg


期待が大きかったこともあって、期待を超えるほどではありませんでしたが
期待を裏切らない素晴らしい景観でした。やはり来ておいて良かったです。

IMG_6315.jpg


南極を含めれば4ヶ月半に及んだ南米の旅も、あと1か所を残すのみです。




サンタ・エレナ・デ・ウアイレン(Santa Elena de Uairen/Venezuela)
出発する前、一番行きたい場所と聞かれたら、ここと答えていました。ギアナ高地。

ギアナ高地での1つ目の目的は、サンタ・エレナ・デ・ウアイレンから参加した
5泊6日のロライマ山トレッキング。


ここの天気は本当に変わりやすく、また霧がかかっていることも多いため
なかなかテーブルマウンテンの全体を見ることが出来ません。
でも、それがまた幻想的な雰囲気を作り出していて良いんですよね。

IMG_5378.jpg

IMG_5403.jpg

ロライマ山・ベースキャンプからのクケナン山の眺め。

IMG_5480.jpg

こちらがそのベースキャンプです(笑)

IMG_5490.jpg


2日目までは、こんな感じの天気でしたが3日目には
朝日に照らされた綺麗なクケナン山を見ることが出来ました。

IMG_5566.jpg

IMG_5572.jpg

3日目にいよいよロライマ山に登ります。
登るのは、写真の中央右下から中央左上にかけて緑が続いているところ。
トレッキングなどをしているとよく思うことですが、よくもまぁこんなルートを探しだしたもんです。

IMG_5591.jpg

そして頂上からの眺めは本当に素晴らしかった!

IMG_5657.jpg

IMG_5695_20100520015805.jpg

IMG_5798.jpg

時間帯によっては、霧が立ち込めて何も見えないこともあっただけに、
それなりに景色を楽しむことが出来て良かったです。
(ちなみに3枚目の写真に写っているのは、私ではなくガイドさん)

こちらは食虫植物。

IMG_5820.jpg

頂上自体に見るべきところがあるわけではありませんが、
ギアナ高地のテーブルマウンテンの上を歩いていると思うと、何とも言えない感慨があります。

IMG_5829.jpg

そして翌日に行ったビューポイントからの眺めがまた素晴らしかった!!
太古の昔にタイムスリップしてしまったようで、
それこそ、下に恐竜が歩いていても違和感のない世界がそこにはありました。

IMG_5847_20100520020742.jpg

IMG_5852.jpg

IMG_5865_20100520020741.jpg

IMG_5875.jpg

IMG_5898.jpg


毎日のようにスコールにあい、久しぶりに重度の筋肉痛になるなど
なかなかハードなトレッキングでしたが、
もし機会があるなら、ぜひともまた登ってみたいですね。

IMG_5961.jpg



マナウス(Manaus/Brasil)
アマゾン川の中流域にあるマナウス。町中では、あらゆる通りに露店が出ていました。

01IMG_5325.jpg

こちらはアマゾナス劇場。

02IMG_5326.jpg

こんな場所に、こんな豪華な劇場があるなんて驚きです。

05IMG_5144.jpg

06IMG_5150.jpg

07IMG_5152.jpg


そしてマナウスからは1泊2日のジャングルツアーに参加しました。
バスで2時間半、それからボートで1時間かけてロッジに到着。

10IMG_5194.jpg

11IMG_5201.jpg

13IMG_5219.jpg

初日の午後はスワンプと呼ばれる、森林の半分が水に浸かっている場所をボートで回ります。
が、この時は終始雨が強く、写真は撮れませんでした^^;

ピラニア釣りもしましたが、これは一般的な釣りとはちょっと違いました。
というのも、ピラニアがすぐに餌に食いつくので、勝負はものの5分でついてしまいます。
水が黒いので水中の様子はわかりませんが、
この時の水中を想像すると、ちょっと恐ろしくもあります…。

夜はワニ探しに。
ガイドの人からすると、捕まえられたのがかなりの小物だったので不満そうでしたが、
それでも十分楽しめました。

14IMG_5243.jpg


翌日の午前中はジャングルウォーク。
が、この日もほどなくして土砂降りになり、ただ森の中を歩くだけで、
動物を見ることは出来ませんでした…。

20IMG_5278.jpg

朝と午後には再びスワンプをボートで巡りました。
ボートを漕ぐのをやめて耳を澄ますと、遠くからの動物の鳴き声だけが聞こえて、
なかなか素敵な空間でした。

23IMG_5258.jpg

26IMG_5315.jpg

27IMG_5316.jpg

天気が悪かったこともあり、あまり動物を見ることが出来ませんでしたが、
イルカは何度か見ることが出来ました(マナウスまでの船旅でも見ましたが)。
アマゾンとイルカというのは、全く結びつかなかったので、何とも不思議な感じでした。

また見所の1つである朝日や夕日も、こんな天気だったので見ることが出来ませんでしたが、
それだけにマナウスまでの船旅を選んでおいて良かったですね。


この後は、最も行ってみたい場所の1つであったギアナ高地に向かいます。




ベレン~マナウス(Belem~Manaus/Brasil)

夜行バスでサン・ルイスからベレンまで移動し、ベレンからはマナウスまで6日間の船旅。

こちらは出航直後に見た、ベレンの町。

01IMG_4509.jpg

6日間の船旅は、やることがなさ過ぎて退屈だという人も多かったですが
個人的には、ゆっくりとした時間を過ごすことが出来、非常に良い船旅でした。

景色が全く変わらなければ、そのうち退屈になってしまうし
電車やバスの旅も楽しいですが、景色がどんどん移り変わるのと比べると
ゆっくりと進む船旅は、少しづつ移り変わっていく景色が何とも絶妙でした。
それによって、アマゾン川の大きさをより一層感じることが出来たと思います。

02IMG_4739.jpg

03IMG_4784.jpg

04IMG_4593.jpg

05IMG_4791.jpg

07IMG_5023.jpg

08IMG_5073.jpg


こちらはサンタレン近くで見ることの出来た二河川合流。
マナウス近郊のものが有名ですが、水の比重が違うとかで2つの川が合流しても
水が混じり合わないという面白い現象。
この日は天気が悪く、写真ではわかりにくいですが、その境界をはっきり見ることが出来ました。

10IMG_4902.jpg

12IMG_4925.jpg

そしてサンタレンに寄港するため、アマゾン川からタパジョス川に入ると
それまでの大きな波がピタッと止み、まさに1つの川底に2つの川が流れていることを実感。


素敵な景色をいくつも見ることが出来ましたが、やはり何と言っても朝日・夕日が良かったです。
雲で見えないことも多かったですが、
6日間もあったので素晴らしい朝日・夕日を見ることが出来ました。

30IMG_4681.jpg

32IMG_4960.jpg

33IMG_4980.jpg

35IMG_4988.jpg

38IMG_4999.jpg

40IMG_5010.jpg

50IMG_4860.jpg

51IMG_5079.jpg

52IMG_5081.jpg


そして深夜にマナウスに到着。

60IMG_5116.jpg

船旅に6日間も割いてしまうのはもったいないとも思ったのですが、行っておいて正解でした。





バヘリーニャス(Barreirinhas/Brasil)
ボニートを後にしてからは、
カンポ・グランジからサン・ルイスまで一気に飛んでしまいました。

そして、そこからバヘリーニャスへ。
ここでは白い砂漠に加え、雨期にあらわれる青々とした湖とのコントラストが素晴らしい
レンソイスが目的でした。


車で川を渡り、大きな水たまりを通って、いよいよレンソイスへ。

01IMG_4288.jpg

02IMG_4303.jpg

…が、この日は午前中からスコールがあるなど、天気が悪く、
また、水が十分に溜まっていなかったため、あまり湖も見れず…。

現地に着く前に想像できていたものの、期待していた景色には遠く及ばず。

わずかにあった湖も、全く青くありません…。

10IMG_4308.jpg

12IMG_4323.jpg

どこまでも続く白い砂漠は希少なものと感じたけれど、
午前中のスコールの影響で、砂は湿っていたため、砂漠というより砂浜のような…。

午後ツアーの見所の1つであった、夕焼けも当然見ることが出来ませんでした。

20IMG_4327.jpg

22IMG_4343.jpg

23IMG_4362.jpg


ということで、あまり載せる写真もないので、久しぶりに自分の写っている写真を載せます。
前回載せたマチュピチュの時からは、ちょうど3ヶ月後。まぁあまり変わってないですかね。

30IMG_4320.jpg







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。