555日間世界一周
2009年7月21日から2011年2月5日までの旅
カテゴリ



最新記事



カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



月別アーカイブ



プロフィール

Lasa

Author:Lasa
今のところ、こんな予定です。
2009/07下旬~2009/09下旬
 欧州
2009/09下旬~2009/11下旬
 北アフリカ・中東
2009/11下旬~2009/12中旬
 欧州
2009/12中旬~2010/05上旬
 南米
2010/05上旬~2010/07上旬
 北中米
2010/07上旬~2010/08初旬
 東南アジア
2010/08初旬~2010/09上旬
 シルクロード
2010/09上旬~2010/11下旬
 南アジア
2010/11下旬~2011/02上旬
 オセアニア



カウンター



リンク

このブログをリンクに追加



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パレンケ(Palenque/Mexico)

ここからは、しばらく遺跡を巡る旅が続きます。まずはパレンケ遺跡。

遺跡に入ると、最初に碑文の神殿が見えてきます。

01IMG_8388.jpg

02IMG_8366.jpg

昼に見た姿も良かったですが、やはり朝日に照らされた神殿は
昼のそれとは違っていて、とても綺麗でした。

03IMG_8273.jpg

04IMG_8275.jpg


テオティワカンと違い、修復された遺跡は狭い範囲でまとまっていました。
修復された遺跡というのは、明らかに現代の人が手を加えたのがわかるのが少し残念ですが
当時のことを想像するという点では、手の加えられていない遺跡と同じように楽しむことが出来るし
また、あまり原形を留めていなかったものを修復してしまうことにも感心してしまいます。

11IMG_8338.jpg

12IMG_8360.jpg

13IMG_8404.jpg

14IMG_8405.jpg

一方でまだ修復が手つかずの遺跡には、このように大木が根をおろしていて
経過した年月の長さを実感します。

15IMG_8417.jpg


そしてパレンケ遺跡では、十字架の神殿の上から見たこの景色が何より良かったです。
密林の中の遺跡というのは、とても雰囲気がありました。

22IMG_8286.jpg

24IMG_8430.jpg






スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。