555日間世界一周
2009年7月21日から2011年2月5日までの旅
カテゴリ



最新記事



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



プロフィール

Lasa

Author:Lasa
今のところ、こんな予定です。
2009/07下旬~2009/09下旬
 欧州
2009/09下旬~2009/11下旬
 北アフリカ・中東
2009/11下旬~2009/12中旬
 欧州
2009/12中旬~2010/05上旬
 南米
2010/05上旬~2010/07上旬
 北中米
2010/07上旬~2010/08初旬
 東南アジア
2010/08初旬~2010/09上旬
 シルクロード
2010/09上旬~2010/11下旬
 南アジア
2010/11下旬~2011/02上旬
 オセアニア



カウンター



リンク

このブログをリンクに追加



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウユニ塩湖(Salar de Uyuni/Bolivia)
今回の旅で、最も訪れたい場所のうちの1つだったウユニ塩湖。
そんな理由もあって、ウユニ塩湖には2回も行ってしまいました^^

こちらは1回目のツアーで宿泊した、湖畔の宿ルナ・サラダから見た夕日と
ルナ・サラダから塩湖まで歩いて行き見た朝日。やはり大自然の中では見え方が違います。

01IMG_3374.jpg

03IMG_3410.jpg

朝日を見た場所には、残念ながら水が張っていませんでしたが
ウユニ塩湖での一番の目的は、何と言っても塩湖に水が張っている場所で
湖面に空が映し出された幻想的な景色を見ること。

この時期は雨期に入ったばかりで、日によって水の張り具合もかなり違ったようですが
幸いにも訪れた日は天気が良く、十分とまではいかないものの部分的に水が張っている場所があり、
素晴らしい景色を見ることが出来ました!!!
考えようによっては、雨期と乾期の両方の景色を見ることが出来たと言えるかも。

10IMG_3455.jpg

11IMG_3468.jpg



塩湖に入ってから1時間以上かけて、ようやく魚の島に到着。
景色が全く変わらない中を1時間以上も走り続けるというのは、なんとも言えない経験でした。

20IMG_3479.jpg

魚の島には、これでもかというくらいサボテンが生えています。

21IMG_3485.jpg

22IMG_3515.jpg

以前、魚の島を写真で見たときには、それほど興味がわかなかったのですが
実際に行ってみると、サボテンと塩湖の組み合わせはとても不思議で、
まるで別の惑星にいるかのような感覚になります。

23IMG_3507.jpg

27IMG_3539.jpg

34IMG_3543.jpg


また2回目のツアーでは、塩湖の中に建つプラヤ・ブランカに泊ります。
ここでは塩湖の中を当てもなく何時間も歩くことが出来、この上なく贅沢な時間を過ごしました。

41IMG_3926.jpg

42IMG_3933.jpg

50IMG_3924.jpg

遥か向こうに見えるのがプラヤ・ブランカ。

45IMG_3949.jpg

しかし、この日はお昼を過ぎると段々と黒い雲が空を覆っていきます。

60IMG_3989.jpg

塩湖にポツンと建つプラヤ・ブランカは、まるで南極の観測基地のようにも見えます。

63IMG_4020.jpg

66IMG_4059.jpg

晴れ間がなくなり落胆していましたが、上の写真ではまだ微かにしか見えない夕焼けが
この後、素晴らしい景色を見せてくれました。

70IMG_4066.jpg

72IMG_4072.jpg

74IMG_4117.jpg

77IMG_4109.jpg

後ろを見ると、夕日に照らされた雲が、まるでオーロラのよう。

78IMG_4079.jpg

プラヤ・ブランカ以外に何もない、塩湖の真っただ中で見たこの光景に
改めて自然の雄大さを感じるとともに、この旅で一番、心を動かされました。
結局、こういう景色が最も心を動かすのかなぁと、結論じみたことを考えてしまいます。

81IMG_4073.jpg

82IMG_4119.jpg


次の日も天気は回復せず、朝日は見ることが出来ませんでした。
プラヤ・ブランカに泊った目的は、湖面に映し出される夕日と朝日を見ることだったので
その目的を果たすことは出来ませんでしたが、
そのことを残念に思わせないくらい、素晴らしい景色に立ち会うことが出来ました。

プラヤ・ブランカからは、このまま2泊3日のチリに抜けるツアーに合流です。



スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://travi555.blog65.fc2.com/tb.php/68-4987f87c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。