555日間世界一周
2009年7月21日から2011年2月5日までの旅
カテゴリ



最新記事



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



月別アーカイブ



プロフィール

Lasa

Author:Lasa
今のところ、こんな予定です。
2009/07下旬~2009/09下旬
 欧州
2009/09下旬~2009/11下旬
 北アフリカ・中東
2009/11下旬~2009/12中旬
 欧州
2009/12中旬~2010/05上旬
 南米
2010/05上旬~2010/07上旬
 北中米
2010/07上旬~2010/08初旬
 東南アジア
2010/08初旬~2010/09上旬
 シルクロード
2010/09上旬~2010/11下旬
 南アジア
2010/11下旬~2011/02上旬
 オセアニア



カウンター



リンク

このブログをリンクに追加



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウシュアイア(Ushuaia/Argentina)

ついにここまで来てしまいました。世界最南端の町、ウシュアイア。

ウシュアイアのあるティエラ・デル・フエゴ島へは、バスごとフェリーに乗って渡ります。
周辺の海は、海とは思えないような綺麗な色をしていました。

01IMG_9360.jpg

03IMG_1758.jpg

05IMG_9383.jpg

12IMG_1786.jpg

ウシュアイアの町のすぐ後ろにそびえる山々は
たいした標高もないのに万年雪をたたえていて、高緯度であることを実感します。

22IMG_1505.jpg

21IMG_1499.jpg


ウシュアイアでは、まず世界の果て列車に乗りに行きます。
特に何かを期待していたわけではなく、このネーミングに惹かれて乗りました(笑)

30IMG_1567.jpg

100年前に囚人により切り倒された切り株が、荒涼とした雰囲気を一層引き立たせます。
南米ではほとんど見ることのなかった、日本語パンフレットがあったのには驚きましたね。

32IMG_1581.jpg

33IMG_1584.jpg

34IMG_1587.jpg

35IMG_1593.jpg


そしてティエラ・デル・フエゴ国立公園へのトレッキング。
湾の中の海ということもありますが、
周囲はしんとした綺麗な景色は、高地の湖を思わせるものでした。

40IMG_1620.jpg

42IMG_1651.jpg

途中には、こんな面白い木も。

43IMG_1664.jpg

世界の果て列車からも見ることが出来ましたが、
朽ち果てた木々は何とも言えない味を出していました。

44IMG_1679.jpg

45IMG_1723.jpg


…が、ウシュアイアでは世界の果て感をじっくり味わう時間がほとんどなかったのが、少し残念でした。
その理由は、また次回。




スポンサーサイト


コメント
ついに
ついにウシュアイアだね。
束の間の夏を過ごす感じが他の街にはない不思議な雰囲気だった記憶があります。
遠洋漁業でこっちに住んでいる日本人にご飯作ってもらったのもなんとなく覚えてます。
一番覚えてるのは、野犬。たくさんいて、夜の街では、何回かめっちゃ走って逃げました。
10年もたてば、江ノ島から猫が全然いなくなったみたいに、犬もいなくなってるかもしれませんが、気をつけて!
[2010/03/12 23:34] URL | ばてぃ #- [ 編集 ]

ばてぃさん
ウシュアイアでは、たまたま泊ったホステルのオーナーが日本人でちょっとビックリ。
あとピースボートが寄港したときは、町中、日本人だらけでした。

南米では、どこも野犬が多いですが、
ウシュアイアは特に多かった印象はなかったので、少なくなってるかもしれないですねぇ。
[2010/03/13 20:59] URL | Lasa #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://travi555.blog65.fc2.com/tb.php/78-deb29f24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。