555日間世界一周
2009年7月21日から2011年2月5日までの旅
カテゴリ



最新記事



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



月別アーカイブ



プロフィール

Lasa

Author:Lasa
今のところ、こんな予定です。
2009/07下旬~2009/09下旬
 欧州
2009/09下旬~2009/11下旬
 北アフリカ・中東
2009/11下旬~2009/12中旬
 欧州
2009/12中旬~2010/05上旬
 南米
2010/05上旬~2010/07上旬
 北中米
2010/07上旬~2010/08初旬
 東南アジア
2010/08初旬~2010/09上旬
 シルクロード
2010/09上旬~2010/11下旬
 南アジア
2010/11下旬~2011/02上旬
 オセアニア



カウンター



リンク

このブログをリンクに追加



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コスメル(Cozumel/Mexico)

プラヤ・デル・カルメンからは、フェリーでコスメルへ。

コスメルは世界でも有数のダイビングスポット。
私が潜ったポイントではあまり魚が見れませんでしたが、
こんな感じでリーフの間を潜るのもまた、素晴らしい体験でした。

02IMG_9227.jpg

03IMG_9222.jpg

04IMG_9225.jpg

05IMG_9236.jpg


そして初めての沈船ダイブにも挑戦。

10IMG_9289.jpg

まだまだ初心者の私には難易度高めでしたが
探検気分が味わえて、思っていた以上に楽しめました。

11IMG_9258.jpg

12IMG_9275.jpg

13IMG_9262_20100718231708.jpg

14IMG_9268.jpg

15IMG_9272.jpg


また、バイクでの島内一周もしてきました。

20IMG_9300.jpg

島の西側は電気も通っていないとのことで訪れる人は少なく
誰もいない中、綺麗な景色を楽しむことが出来ました。

22IMG_9310.jpg

23IMG_9314.jpg

25IMG_9324.jpg


とは言え日差しは強いし、周りには日陰もないのでゆっくりは出来ませんでしたが、
しばらく行くとこんな場所が。

26IMG_9328.jpg

ここで少しの間休んでいましたが、ほどなく隣に子供連れの人たちがやってきました。
なんともぜいたくな時間です。

28IMG_9337.jpg




プラヤ・デル・カルメン(Playa del Carmen/Mexico)

メキシコに戻ってからは、ベリーズでの天候と打って変わり、好天が続きました。

00IMG_9470.jpg

プラヤ・デル・カルメンのビーチは、まさに想像していたカリブ海そのもの。

01IMG_9032.jpg

02IMG_9118.jpg

05IMG_9481.jpg

こんな場所ならではの、こんな広告も。

06IMG_9483.jpg


そしてプラヤ・デル・カルメンからはトゥルム遺跡に行ってきました。

10IMG_9114.jpg

今まで見てきた遺跡と比べると、あまり大規模なものではありませんが
この遺跡の魅力は、何と言ってもカリブ海との組み合わせ。

11IMG_9040.jpg

13IMG_9054.jpg

14IMG_9083.jpg

千年以上前の人も、こんなにも綺麗な青い海を見ていたのかと思うと、何とも不思議な感じがします。


敷地内にはビーチもあり、大勢の人が遺跡見学とともにこちらも楽しんでいました。

17IMG_9106.jpg

18IMG_9079.jpg


また、ここではセノーテ・ダイビングも楽しんできました。
セノーテとは、地下水のたまった泉のこと。

IMG_9395.jpg

1本目のダイビングでは緑。

IMG_9403.jpg

IMG_9413.jpg

IMG_9420.jpg

2本目のセノーテでは青の、水中世界を楽しむことが出来ました。
ただただ綺麗としか言いようがないです。

IMG_9445.jpg

IMG_9446.jpg

IMG_9448.jpg

それにしても、すぐ近くのセノーテなのに、こんなにも泉の色が違うなんて不思議ですね。




ベリーズ・シティ(Belize City/Belize)

ベリーズに入ってからは、残念ながら空が雲に覆われた日が続きました。

日帰りで行ったキー・カーカーもご覧の通り。
日の光が当たれば、とても綺麗に輝くだろうという想像はつくのですが…。

01IMG_8874.jpg

03IMG_8880.jpg

舗装された道路もなく、ゆっくりと時間の流れる雰囲気の良いだった島だっただけに残念でした。

02IMG_8878.jpg


とは言え、ベリーズ・シティに来た一番の目的は、ブルーホールを空から見ること。
ブルーホールでのダイビングのほうが有名ですが、
私は是非とも上から見たかったので、奮発してセスナをチャーター。
(他の旅行者とシェアしてですが)

セスナは4人乗りです。

10IMG_8890.jpg


天気が良くない日が続いたため、ベリーズ・シティを去る日まで引っ張ったのですが
その甲斐あって、数日ぶりに晴れ間の出た日に見ることが出来ました。
出発すると、ブルーホールを待つまでもなく綺麗な海が広がります。

11IMG_8913.jpg

13IMG_8932.jpg

15IMG_8989.jpg

16IMG_8998.jpg

そんな景色を楽しんでいるとあっという間にブルーホールに到着。
セスナの窓がそこまで綺麗でなかったのが残念ですが、何とも言えず綺麗で不思議な光景でした。

21IMG_8938.jpg

23IMG_8943.jpg

25IMG_8963.jpg

ダイビングに来ている船も1隻ありました。

26IMG_8945.jpg

27IMG_8965.jpg

ブルーホールの周りを旋回したのは、ほんの数分でしたが
やはり見ておく価値はありましたね。



サン・イグナシオ(San Ignacio/Belize)

グアテマラはフローレスに寄っただけで、すぐにベリーズへ。

サン・イグナシオでは、まずカラコル遺跡に行ってきました。
ここも密林の中にあり、アクセスが悪いためにツアーでないと見に行くことが出来ません。

IMG_8718.jpg

IMG_8720.jpg

IMG_8748.jpg

IMG_8773.jpg

IMG_8813.jpg

雰囲気という点では、ティカルやパレンケにはかないませんが、
大きさに関してはこれらの遺跡に匹敵するもので、改めてマヤ文明の大きさを思い知ります。


そして続いては、マヤ文明の時代に儀式に使われた洞窟を探検するツアーへ。
車で最寄りの地点まで進んでからは、川をいくつか渡って洞窟まで行きます。

IMG_8824.jpg


ただ残念ながら、洞窟の中では
ほとんどの間ガイドの人にデジカメを預けてしまうため、途中の写真はありません。
なぜデジカメを預けるかというと、水が溜っている洞窟の中を
肩までつかって歩いたり、泳いだり(!)して進んでいくため。
探検気分を味わいたい人にとっては、たまらないツアーですね。


そして1時間以上洞窟の中を歩いた先にあったものは…

IMG_8839.jpg

IMG_8863_20100625042018.jpg

儀式で使われた土器の数々と、当時のまま残されているマヤ人の骸骨でした。
もちろん同じようなものは各地の博物館にも展示されていますが、
そのまま残されているものは全く違って見えます。

1,000年以上も忘れさられた手つかずの骸骨を見ることが出来たのは、なかなか貴重な経験でした。



フローレス(Flores/Guatemala)
パレンケからは、グアテマラのフローレスへ。
今回は、ボートでの国境越えです。

01IMG_8442.jpg


そして、そこからティカル遺跡へ。
こちらはメインのⅠ号神殿。平べったくて勾配が急なのが印象的です。

13IMG_8547.jpg

18IMG_8568.jpg

Ⅳ号神殿は修復中でしたが、ここは上ることが出来、
今では、遺跡が密林の中に埋もれてしまっていることが良くわかります。

21IMG_8488.jpg

22IMG_8655.jpg

24IMG_8666.jpg


Ⅴ号神殿にも上ることが出来ます。

42IMG_8526_20100623070756.jpg

…が、ここは階段というより梯子を上ります。
私が上った時は10人ぐらいが一斉に利用していたので、かなり揺れていました。
近い将来、崩れてしまう気がします…。

44IMG_8503_20100623070755.jpg

45IMG_8519_20100623070755.jpg

そして、ここからも素晴らしい眺めが望めました。
こんな時、遺跡が建造された当時、そして長らく密林の中で忘れ去られた時のことを
ぼんやりと考えるのは、とても贅沢で楽しい時間です。

46IMG_8593_20100623070755.jpg

こちらは修復される前のⅤ号神殿の写真。ここから修復したんだから凄いものです。

48IMG_8521_20100623070754.jpg

Ⅲ号神殿はまさに、土砂に埋まったままの状態でした。

50IMG_8645.jpg


またここは密林の中ということで、様々な動物などを見ることが出来ました。
猿、タランチュラ、トゥカーン…と、こちらの方も楽しめました。

51IMG_8463.jpg

52IMG_8455.jpg

53IMG_8497.jpg








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。